にしむら皮ふ科
TOP当院について診断内容
保険診療
保険外診療
美容診療サービスの案内Q&A 採用情報

肝斑治療(レーザートーニング)


   

肝斑に最も効果的な、均一にエネルギーを届けることができるレーザー治療機器です

従来のシミとりレーザーでは治すことができなかった、普通に誰にでもよく見られる両頬の頬骨部(下眼瞼の下方)のシミ(肝斑)をとりのぞく最新の治療法、それがレーザートーニングです。
レーザートーニングは皮膚の炎症をおこさない程度のマイルドなレーザー光をくり返し照射することによってメラニン色素を少しずつ壊して除去する画期的な治 療法です。治療時間は数分間程度で、施術中はパチパチと輪ゴムではじかれた程度の我慢できる範囲の軽い痛みがあります。ダウンタイムはなく、施術後すぐに お化粧もできます。通常週1回から2週に1回、改善の具合をみながら5~10回くらい治療します。肝班を治すための治療ですが、うれしいことに、この治療 を受けると肝班ばかりでなく、その他のシミ、炎症後色素沈着、毛穴の開きやくすみといったもろもろの気になる肌の欠点も同時に改善されます。


  
   >>「TOPページの動画を御覧下さい」
   

”レーザートーニング”でもっとも重要なのは、レーザーが照射される形です。

通常、レーザーを照射するとレーザービームの真ん中のエネルギーがいちばん高くなり、端にいくほど弱くなります(ガウシアン型)。しかし、パワーが弱すぎる端の部分では効果が見られず、強すぎる中心部では炎症を起こして肝斑が悪化する可能性があるため、今までのレーザー機器は肝斑治療に適していませんでした。

「MedLite C6」はレーザーがフラットに照射され(トップハット型)、病変部に均一にエネルギーを届けることができるため、効果的に肝斑を治療できるようになりました。


    


   

 肝斑は、ホルモンバランスの崩れなど何らかの作用により常に炎症が続き、その結果メラニンがどんどんつくりだされて「炎症性の色素沈着」を起こしている状態といわれています。

レーザートーニングは、炎症を起こさせないくらいの弱いパワーでレーザーを照射し、肌の中に滞留しているシミの原因になるメラニンを少しずつ壊していくことで、安全で確実に肝斑を治療します。


   


一般に、30~40代以降のアジア人の女性に多く見られるシミの一種で、両頬に対称性にできるのが特徴です。原因ははっきりしていませんが、女性ホルモンのパランスが関係していると言われています。

肝斑はほかのシミと混在している場合が多く、見分けるのが難しいので、ただのシミだと思い込んでしまうことも・・・。

肝斑の治療には、トラネキサム酸やビタミンCなどの内服や外用、イオン導入などを長期にわたって継続する必要があり、難治性でこれまで決めてとなる有効な治療法がなかったため、肝斑だから・・・、とあきらめている方も多いのではないでしょうか?


 
 
   


洗顔をします。





弱いパワーでレーザーを顔全体に照射していきます。





照射後は、しっかりと保湿します。
また、日焼けをしないよう注意します。

   

Q. 痛みはありますか?
A. 痛みの感じ方には個人差がありますが、パチパチと輪ゴムではじく程度のごく軽い痛みがあります。

Q. 治療時間は?
A. 施術時間は両頬で10分程度です。

Q. 治療回数は?
A. 週に1回、計5~10回の治療をおすすめしています。

Q. 注意することはありますか?
A. 保湿を心がけ、日中は日焼け止めを塗るなどして、日焼けをしないように注意してください。こすったりさわったりするのも刺激になりますので、避けてください。治療直後からメイクが可能で、入浴もできます。

   

保険適用外診療の価格